娘を愛する父親向け絵日記(現在1歳)

激務でも、共働きでも、全国転勤でも、とにかく娘とイチャつきたい…

No58.三週ぶりの生娘(なまむすめ)

娘はやはり、実物に限ります。

三週間の会えない時間は、父と娘にどう影響するのか…今日はそんなお話です。

 

以前、娘の記憶は2週だとOK、3週間だとNG】という実績がありました。

⑰【11ヶ月】父が娘に忘れられる時 - 娘を愛する父親向け絵日記(現在1歳)

 

しかしながら、私は今回、さほど危機感を感じていませんでした。なぜなら、連日のTV電話で手応えを感じていたのです。

 

電話で私の顔を見て、認識して、キャハァー!と歓声を上げる娘が、私を忘れているはずが無いのです(そう信じないと心が折れる)

 

結果、娘との再開は、夜中23時(新幹線で5時間かかる)の寝ぐずり中でしたが、

・私が抱っこして上げると、泣き止む

(娘は夜中は基本、お母さんにかぶりつき)

さらに、翌朝からも

・いつも通りに笑顔を見せてくれて、

・ご飯を食べさせる事を許して頂き、

・公園で一緒に遊んでくださり、

・お風呂で体を洗わせて貰いました

 

なんだか後半、召使いのようになってます私はただただ満足、満足なのです

 

【まとめ】

3週ぶりの生娘(なまむすめ)は、

・あいかわらず可愛く、

・変わらぬ笑顔を振りまいてくれ

・語彙力も5単語ほど増え、

・体つきも骨骨しくなったり、

・歯が新たに生えたり

 

と成長が多くて嬉しくなりました。

 

とくに、覚えたてのウサギを連呼して可愛いかったので図示します。(ウが小さくて、サギぃー?って聞こえます)

 f:id:okt82:20170122160702p:image

 f:id:okt82:20170122163010p:image

 

東北へ帰る父に、バイバーイ!と普通に手を振ってきて、地味に傷付きますが、これからも元気にレベルアップを繰り返して下さい。

 

〔ブログ趣旨:はじめに〕
http://okt82.hatenadiary.jp/entry/2016/08/11/003130